福井県 敦賀市 あなたの幸せをカタチにする建築会社 株式会社あめりか屋

  • トップイメージ

お客さま
ロングインタビューTALK

あめりか屋で家を建てられたお客さまのお宅へ
インタビューしてきました
シノハラ(以下シ)「今回はロングインタビュー第二段の企画を快く引き受けてくださいまして、ありがとうございます。お客さまからそのままの声をいただきたいので、お気軽に思ったとおりのことをお話していただければな~と。よろしくお願いします~。」

奥さま(以下奥)「あ、あー、あーー(発声練習)」

「いや、文章にして発信しますので。声は記録で録音するだけなんで。笑」

ご主人(以下主)「ですよね~笑。よろしくお願いします~。」
  • よし!敦賀で家を建てよう!お、おん。


    「まずは、『マイホームが欲しいなぁ』と思うようになったのはいつ頃で、どんなきっかけだったんですか?



    「嶺北に住んでいたんですけど、主人が2017年4月から(主人の)実家がある敦賀への転勤が決まったのと、小学校の入学が2018年4月からだったのがきっかけです。」

    「アパートに住むか、建てるか?だったら建てたほうがいいなというのと、マイホームを好きな感じにしたくて家を建てたいなという気持ちが元々あって。」

    「主人は前から『家を建てるなら地元敦賀で』ということを言ってたので。」

    「じゃあ、その話になったときに、これを機に「よし!敦賀で家を建てよう!」ってなったわけですね!?」



    「そうですね~でも正確に言うと、『よし!』っていうよりも、そこは(私が嶺北出身なので)『お、おん。。』でしたけどね。笑

  • その日に検索して一番上に出てきた


    「では、そこからあめりか屋のことはどうやって知ったんですか?

    「検索したんですよ『敦賀 アメリカン 工務店』とかで。その話をしたその日の夜に。」

    「え!?その日にですか!笑」

    「そしたら、検索結果の一番上にあめりか屋が出てきたんです。『うわっ!』って。笑」

    「うわっ!・・・てイヤなんかい!笑」

    「でもググッたら一番上に出てきてそれでうちのHPを見てくれたということなんですね~嬉しいなぁ~」

    いや、グーグルじゃなくてヤフーで検索したんだったかな~



    「そこはどっちでもいいから!笑」

  • 施工事例を見たら「ここいいやん!」ってすぐなった


    施工事例を見たらキッチンの奥の壁が青色かなんかそんなのがあって、「かわいっ!!」つって、「ここいいやん!」つってすぐ二人で意見が合致したんです。そしてそのままお問い合わせフォームで送ったんです」

    「結構長文でしたよね!あんなことしたいこんなことしたいってアツい文章だったのを覚えています」

    「そしたら次の日くらいにオドオドした感じで電話がシノハラさんからかかってきたんです。不思議なしゃべり方の人からって。」

    謎の人物(←ぼく笑)から電話がかかってきたってわけですね。笑



    「そう。謎の人物から。笑」

  • ぼくはスピリチュアルだから


    「ちょうど近い日にちでオープンハウス(完成見学会)があると誘ってもらったので、行ったんですよね」

    「そのおうちのドアが超かわいい!って思いました」



    「そうです!ドアが超絶かわいいです~!笑」

    「この時点でもう既にあめりか屋さんがいいな!と思ってたんですけど、いろいろああしたいこうしたいっていう話をシノハラさんに聞いてもらった後、こんなこと言われたのを覚えてます。

    『ぼくはスピリチュアルだから分かるんですけど、うちで建てたらいい家ができますよ!』

    って。笑」

    「え!?ぼくそんなこと言ったんですか~笑。なんか照れますね~。でも感覚的にビビっときたんでしょうね。笑」



    「でも、そう言ってくれてるし、任せようって話に決まったんですよ」

    それ、今度からそれ決め台詞にしようかな。笑

  • 『シノハラさんは変な人だよ笑』


    「あと、敦賀で家を建てるって地元の友だちと話してて『あめりか屋で』という話をしたら、友だちが『あれ?もしかして?うちの主人と友だちかも?』っていう話になって、どんな人?って聞いたら『シノハラさんは変な人だよ。笑』と言われたんです。笑」

    「変な人て!笑」

    「ホントに変な人だよ~って笑いながら言ってて、なんだかおもしろそうって思ったんです。笑」

    「いや、でも変な人って嬉しいですね~!キャラが濃いってことですからね。個性がちゃんとあるっていうか。」



    「ポジティブだな~!笑」

  • はっきり言って比べてないです。笑


    「では最初の段階であめりか屋という気持ちがあったということですが、他の住宅会社さんとは比べられたんですか?

    「説明したとおり最初に検索して一番上に出てきたあめりか屋さん以外、比べてません」

    「でもなんか車で街を走ってたら、住宅会社さんが大きなイベントがやってて、暇だしよってみようか?ということで、チラッとそのイベントに参加したことはありました。」

    「たくさんの人でにぎわってていろいろ体験コーナーとかもしたし、子どもたちはお菓子をたくさんもらってご満悦で。」

    「でもなんか違うな~って思ってたのに、そこからアポ無し訪問とか電話とかしつこくて。笑」

    「家の雰囲気もアレだったし、しつこいのもイヤだったから、お断りしました。笑」

    「すごい!てことは、ほぼ他社さんと比べてないってことになりますね!」




    「はい!はっきり言って比べてないです。笑」

    「嬉しいな~ホントありがとうございます!」

  • ぼくって言うよね~。しっかり言うよね~~~。笑


    家づくりの最中はどうでしたか?契約までとか家づくりの最中とか?

    「よかったです~。楽しかった~。」

    「ぼくも楽しかったですよ」

    「聞いたことぜんぶ教えてくれるし、家づくりのすすめ方なんかもフォローしてくれたし。」

    「暮らしたい家のビジョンがしっかりされていたし、インテリアの感覚もいい感じだったので、ぼくも提案しやすかったです。」

    「あ、でも、最初のヒアリングの時は私が行けなくて、主人が一人だけで行ってもらったんですけど、ぜんぜん私のイメージをシノハラさんに伝えてなくて、一回目の提案図面が思ってたのと違うものだったんです。笑」

    「そしてそれを二回目の打ち合わせで、私が主人に怒っていたら、シノハラさんに『困ります。ご夫婦でまずは話し合ってください。』と言われたんです。」



    そうでしたか!(←忘れている)てか、ぼくって言うよね~。しっかり言うよね~~~。笑

    「いや、柔らかくは言ってくれましたよ。(笑)でもそういうことをはっきり言ってくれたおかげで、ちゃんと夫婦で話し合ったからこそいろんなことが決まっていきました。」

  • 建ててる最中も楽しくて


    「工事が始まってから、ぼくは家が近かったこともあって、毎日夕方現場を見に来てたんですけど、大工さんがいい人で。話しかけてもイヤそうにせずに接してくれて、現場に行くのが楽しかったです。」

    「そうそう。彼は人柄もいいし、腕もいいし、いい大工さんなんですよ~!」

    「あと、現場担当のうちの松井はどうですか?」

    あの人はもう最高です!!!

    「対応が早いからいい。ちょっと忘れん坊さんだけど(笑)。お母さんが松井さんの顔を見たその時に、「あの人きっといい人ね」って言ってたくらい。」

    「ありがとうございます!これ聞いた松井は泣いて喜ぶと思います!(実際にスゲー感動してました。)」

    「そして、LINEのやりとりが嬉しかったですね~施工途中でみんなでLINEグループで写真を送ったりスタンプ送ったりとか。やりやすかったです。」



    「ぼくはお客様と仲良くなるっていうのが大事だと思っていて、お客さま=友だちみたいになるのが理想だなと。なぁなぁの馴れ合いみたいになってしまうのは違うけど、お客さまには楽にしてもらいたいというか。そんなこと大事にしていきたいんですよね~。」

  • カバードポーチがホント最高!


    実際に一年くらいお住まいになってみて、感想はどうですか?

    「外観もなにもかも気に入ってるんですけど、部分的にはキッチンにカウンターつくったのがよかったです~。料理を作っているうちに主人が仕事から帰ってきて、カウンターで一杯飲むのがいいみたいで。笑」



    「そうそう。(笑)あと、カバードポーチも夏になるとほぼ毎日バーベキューしてます。それが楽しくて。そろそろ庭にテントはってそこで寝ようかなと。笑」



    「そこまでですか~!笑」

    「カバードポーチは子どものプールをしたり、外でコーヒーを飲んだりしてボーっとできるのもサイコーです~」

    「それは嬉しいですね~カバードポーチをつけたいって最初から言ってましたもんね!つけてよかったですね~」

  • みんなに誉められるんです


    「それと、遊びに来た人みんなに誉められるんです。『いいな~』『オシャレ~』って」

    「造作のドアもいいし、造作洗面台もかわいいし」



    「いや~いいですよね~自画自賛ですが、いいですね~~。笑」

    そしてこんなにもインテリアをアメリカンで揃えて、整理整頓もキレイにしてるのが、クリビツテンギョーです!(びっくり仰天)」



    「ぼくが今回来るからっていうわけじゃないんですよね?ゴイスーですわ~~~!!!」

  • 利益重視じゃないところがいい


    「ではあと少しで終わりますが、あめりか屋のいいところと悪いところをあげてみてください

    「悪いところか~ないな~~~笑」

    「じゃ、いいところだけでもいいですよ。笑(早い)」

    「なんというかあめりか屋さんって利益重視じゃないところがいいですよね。お客さんには分からないところ、見えないところは安くしとこうとか、そんなもんでいいだろうって感じじゃないんですよね。そこがいいと思います。」

    「そうそう。他社で家を建てた友人のクレームの話なんか聞いたりすると、そこはきっと利益重視だったりするんだろうな~って思う。」

    「これは嬉しい感想ですね!!ありがとうございます!絶対載せます~~。ニヘニヘ笑」



    「そのリアクション!笑」

    「でも、本当こういうところって大事で、家づくりが始まったら分かってもらえるんですけど、最初の段階で例えば「あめりか屋に図面を提案してもらおう」って思ってもらうまでの初期段階ではなかなか伝わらないんですよね~。だからこれは絶対載せます~~~。笑

  • あめりか屋の悪いところは・・・


    「あとは、デザインももちろんいいし、いろんなフォローもしてくれるし・・・。でもやっぱり一番はシノハラさんじゃないですか?」

    ちょっと変わっているっていうだけじゃなくて、だいぶ変わってますもんね。超絶おもしろキャラですもんね~。あ、でもそこが逆に悪いところかも。シノハラさんの真似は誰もできないし。

    「さすが!分かってくれてますね~。深いですよ、これは!」



    「誰もぼくみたいなことはできないし、誰も真似できない。ま、別にぼくの真似を求める気も全くないけど。笑」

    「でも、あめりか屋の売りとして、ぼく以外の『人』の魅力をどうしていくか?ということが課題だったりするんですよね~。」

    「そこは松井さんにがんばってもらいましょう!笑」

    「ボチボチでいいんですけど、がんばってもらいましょう。笑」

  • 今後の期待とか最後に一言を


    では、最後にあめりか屋へ今後の期待など何かありますか?

    「あめりか屋通りみたいにここらへん一帯に、あめりか屋さんで家をたくさん建ててください!笑」

    「いや~でも、私らの家よりもいい家建てないで欲しい気持ちもちょっとあります。笑」

    そうそう!ぼくらの家よりもちょっと抑え目にしてくださいね。笑



    「さすがにそこは分かりました!とは言えないですね~。笑」

    ・・・

    最後にみんなでモデル活動。笑



    「ナイスモデルやで!」

  • 最後に


    ただ、最後に少しマジメに振り返りますと・・・

    ここまできれいにそして統一されているインテリアで、楽しく暮らしているっていう話を聞かせてもらって、ぼくたちもなんだか報われた気持ちになるというか。

    いろいろ積み重ねてやってきてぼくたちが逆にこういう気持ちにさせていただけるのって本当にうれしいことだし、これからもがんばってやっていきたいな~って改めて思わせていただきました。

    ありがとうございました!!!







お客さま
ロングインタビューTALK

あめりか屋で家を建てられたお客さまのお宅へ
インタビューしてきました

シノハラ(以下シ)「今回はこのお客さまロングインタビューを快く引き受けてくださいまして、ありがとうございます。お客さまの生の声をいただきたいので、お世辞を言っていただいたりヨイショしてもらわなくて大丈夫です。(笑)お気軽に思ったとおりのお話をしていただければな~と。よろしくお願いします~。」

ご主人奥さま(以下主、奥)「よろしくお願いします~。」

  • 昔からいいなと思っていた家があめりか屋さんの建てた家だった

    「さて、マイホームが欲しいなぁと思うようになったのはいつ頃で、どんなきっかけだったんですか?」



    「二人目の子を授かったときですね。住んでいた賃貸が狭くて、子供も増えるからなぁと思ったので。」

    「家を建てることは以前からご夫婦で話してたんですか?」

    「いや、明確に話をしたことはなかったんですけど、将来漠然といつか家を建てるのかなぁって思ってたくらいですね。

    「自然とそういう流れになったということですね。そんな中、あめりか屋のことはどうやって知ったんですか?」

    昔からかっこいいなぁ~と思っていた家があって、それがあめりか屋さんの建てた家だって分かったんですよ。「敦賀 工務店」で検索してあめりか屋さんのHPに行き着いて、見たらなんとそのお気に入りの家が載ってたんです。」

    「私も家を建てようと思ってから、車を運転してたりしてても建ってるお家が気になるようになってて、主人がいいって言ってるお家を見たとき私もいいなぁ~って思ったんです。」

    「そうなんですねぇ~では、そのときの第一印象はどうだったんですか?」

    センスのいい会社だなぁと思いましたよ。

    そしてシノハラさんのブログを読んでいて『おもしろい人がいるんだなぁ』と思いましたねぇ。会うのが楽しみになっていきました。笑」



    「ウケますね~。愉快なやつだけど、家づくりはちゃんとやってるっていうのがなんとか伝わったみたいで?よかったです。笑」

  • 具体的には他に3社と比べました

    「さて、その最初の段階で他の住宅会社さんとは比べられましたか?



    「はい。どこに頼んだらいいか分からなくてとりあえず何社か見てみる?って感じで。」

    「具体的にはどこの住宅会社と比べられましたか?」

    「資料請求はいくつもしましたが、実際にはあめりか屋さん以外にハウスメーカー3社と実際に会いました。オープンハウスに行ったり図面を提案してもらったり。」

    「そのときの〇〇ハウスの営業さんがガツガツ来るのがすごかったよね~。」


    「そうそう。何度も直接来たりと売り込みにしてることがわかったしイヤだったかなぁ。その営業してくれたメーカーさんが一番高かったんですけどね。笑」

    「あらまぁ~それは大変でしたね~。」



    「そういやシノハラさんはそういうのをしなさすぎて昔怒られたんでしょ?笑」

    「そうそう。だいぶ昔ですがあるお客さまから『〇〇ホームは何度も連絡あるのに、シノハラさんは連絡がない!もっとガツガツこないとダメだよ!』と言われたことがありました。結局はそのお客様は「あめりか屋で建てたいんだからね。笑」と優しく言ってくださいまして、とても勉強になりました。笑」

  • 決め手はシノハラさんがよかったから

    「話は脱線しましたが、その3社プラスあめりか屋の4社の中でなぜうちを選んでいただいたのでしょうか?理由をいくつかあげてもらっていいですか?」

    「ん~~~やっぱフィーリングかなぁ。あ、シノハラさんが良かったな~。」

    「(照)」

    「そうそう。施工事例も良かったよね。どれもいい感じだったし。」

    「私としては主人の好きな雰囲気が嫌いじゃなかったし、主人のほうが家に対する思いも強かったので、主人が好きな会社を選んでもらえれば良かったんです。」

    「そうだったねぇ~ありがとう。他には、こういう感じで・・・とフワッと伝えればシノハラさんはいい提案をしてくれましたしね。提案してもらったとき「ああ、これこれ!いいわ~!!」みたいになったので。

    「ご要望も明確でしたからね。ぼくも好きな感じだったので提案するのが楽しかったですよ。」

    「あ、あと、初めてシノハラさんに会ったとき「あ~、この人お金かせぐ気ないな」と思ったんです。笑」



    「笑。そりゃ会社が大きくならないわけだ。(笑)でもこれだけは言えるのは、ぼくはお客さまを円マークで見てませんからね。

    まとめると、施工事例が気に入ったのと、提案がよかったのと、そしてシノハラさんが好きだったからですね。

    「おほほほほほ」

  • 家づくりがとにかく楽しかった

    「さて、あめりか屋で建てると決めてから設計段階から施工と家づくりの最中はどういう思い出がありますか?」



    「とにかく楽しかったですね。いろいろ決めていくのが楽しかった。こういうのがいいな!というのが実現していったのがワクワクしましたね。」

    「シノハラさんんとショールームや建材ショップを一緒に見に行って「小旅行」みたいでおいしいもん食べたりも楽しかったです。」

    いや~そういうこと言ってもらえると嬉しいですね~。いや~ぼくは二人のことを好きなんですよ~。笑



    「それみんなに言ってますよねぇ?笑」

    「確かにそうですが、でも好きです。ぼくって商売っ気がないから「好きな人と家づくりをしたい」って潜在的に思っているんです。自分が楽しく仕事するには、好きな人と一緒にしたいって。やっぱりこうして好きな人を探しているし、そういう人と出会いたいと思っているんですよね。」

    「思い出話ですが、仕様を決めたりするのにあまり迷ったりしなかったけど、一番迷いそうな高価なドアの部品があったじゃないですか。あれを買うかどうか迷っていて打ち合わせに行ったら、嬉しそうにシノハラさんが「これいいですよね!買っときましたよ!!(間違えて買ったのに)」と笑顔で言われたときはビックリして笑っちゃいましたね。笑」

    「その節は早とちりしてしまい、もぉしわけありませんでした。笑」

    「あと、土地選びは迷いましたね~。最初は違う土地がいいと言ってたんですけど、結果的に今選んだ土地が一番良かったなと。タイミングだなぁ~と思ってます。」


  • 一年暮らしてみて・・・

    「では実際に一年くらいお住まいになってみて、ご感想はいかがですか?」

    「すごく快適ですよ。」

    「そうですね~快適ですよ~。あ、家事はいいですよ~。でもひとつ言うとキッチンのコンセントの場所が気に入らないですけどね。また次のお客さんのときに活かしてくださいね。」

    冷蔵庫の位置をキッチンの奥にしたのが良かったですね。コンロの背後に設置して、見せる収納がよく見える位置に配置できたのがよかった。冷蔵庫が手前にあるほうが取り出しやすいとか言われたりするけど、奥にあってもぜんぜん気にならないし、そのほうがよかったです。」

    「ですよね~。キッチンと背面収納の間もゆとりをもたせているのでなおさらですね。」

    「洗濯もとっても楽ですよ~。まずサンルームか物干し室にするか迷ったけど、物干し室にしてよかったです。物干し室に収納をつけようと最初思ったけど、結局やめて広めの物干し室にしてよかったし、物干し室に作業台を置いたのがよかったです。洗濯して、干して、たたんで、アイロンかけてまでを全部その部屋だけで終わるのが快適です。ほこりが他の部屋にいかないのがいいですね。冬場は除湿機の力を借りることもありますが、それがあればもう完璧です。」

    「あと外観とかインテリアの見た目には満足してます。自分の家だから慣れるにはせよ、好きなモノがあるという暮らしがいいですね。

    「この見せる収納はお友達もみんないいなぁ~って言ってくれるし。」



    「そうそう、このリビングのソファーに座ったときの外の眺めがいいんですよ。」

    「お隣さんのお家に囲まれている庭ですが、道路から見えないというのとフェンスをすることで逆にプライベート感も高まっていて、そこは狙いどおりです。ニヤリ」

    「お子さんはどういう反応ですか?気に入ってくれてますかねぇ?」

    「前の賃貸を「ちっちゃいお家」と言うんですよ。(笑)友達が家に来るとすごい喜ぶし、まだ使っていない子ども部屋のことを「自分の部屋」と言って紹介したり。お庭で遊ぶのも好きだし、子どもにとっても良かったなぁと実感しています。」

    「庭でバーベキューをするのがいいですね。キャンプ用のタープをはって、無煙グリルにしてるからぜんぜんご近所さんにご迷惑をかけずにできるし。北面道路でお隣さんが近いけど、目隠しフェンスがあるのでとても快適です。」

    「こうして収納とか庭を綺麗にしてくれていて、丁寧に暮らしてもらっているのがとても嬉しいです。」



  • これからのお客さんとも楽しい雰囲気をつくってあげてほしい

    「では最後に、あめりか屋への今後の期待(エール)みたいなのを教えていただければなと。」

    「誰もがやってないようなことをやってほしいですね。型にはまらずどんどんやって欲しいですね。」



    「お客さま感謝祭とかして『シノハラオンステージ』で歌って踊ったりとかかなぁ~。笑」

    「それはちょっと違うかな~。笑」

    「あ、ですよね~分かってます。笑」

    「あとは、シノハラさんとお客さまとの距離感は大事にしてもらいたいかな~。ぼくらがやってもらったようなちょうどいい距離感で接してあげてほしいな。」

    「距離感ってどういう感じですか?」

    ガツガツ売込みしないし、喜ばせよう!としてくれるし、なにかと楽しい雰囲気をつくってくれるそんな心地よい関係性ですかねぇ。

    「あ、ぼくはすごく嬉しくて覚えてるんですが、前にご主人がこう言ってくれましたよね。『シノハラさんは住宅の営業マンではなくて、親戚の兄貴みたいな感じ』って。あれは嬉しかったですね~。

    「そうそう。やっぱり打ち合わせとかもずっと楽しかったので、これからのお客さんにも楽しく家づくりできるようにしてあげて欲しいな。」



    「ありがとうございます。でも、それはお互いさまなんですよね。お客さまも住宅会社を大事にしてくれるから住宅会社から大事にされるし、それはうちだけじゃなくてどこで建てても一緒。やっぱりお互いさまなんです。こちらこそ楽しく一緒に家づくりをさせていただいて、本当に感謝しています!」

    最後に

    「これで本当に最後ですが、このようなインタビューを発信して、その思いや関係性に共感してくれる人と今後も一緒に家づくりしたいな~って思っています。そのために今回ご協力いただきまして、本当にありがとうございました。」

    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

    唯一の心配だったシノハラさんの結婚が決まってよかったです。笑」(2018年4月時点の会話)



    「そうそう独身のぼくが家事を語るなと!子育てを語るな!!・・・ですよね。ぼくもそう思ってました。笑」


    「いやいや~そんなことは思ってませんよ。笑。でも家を建てるってやっぱり夫婦で建てるから、シノハラさんが結婚してその夫婦の経験値を活かして今後も家づくりがんばってくださいね。」


    「奥さまともまたお会いしたいです。」


    「あ、今度バーベキューやるとき誘ってください。うちの奥さんと一緒に遊びにきますよ!」


    二人
    「え~!いいんですか~!うれしいです~ぜひぜひ~~。うちの子もシノハラさんのこと好きなんですよ。未だにコアラは?って言うと、シノハラコアラを真似するんですから。笑」


    「まぁ~かわいいですね~。本当にありがとうございます!ぼくもお二人のような素晴らしいご夫婦を目指してがんばります!!!笑」

    ・・・と笑の絶えない楽しいインタビューになりました。ありがとうございました!!!



あめりか屋へのご相談CONTACT

もっと見る

  • 資料請求
    家づくりに役立つ資料をお送りします。 無理な営業はいたしません!
    資料請求をする
  • お問い合わせ
    どんな内容でもお気軽にどうぞ。 しつこい連絡など一切行いません!
    問い合わせる
  • お電話でもお気軽にどうぞ
                                !
  • お電話でもお気軽にどうぞ
                                ! 0770-22-0577 お電話でもお気軽にどうぞ
                                ! 0770-22-0577

ページトップへ ページトップへ